初期症状のほとんどないペットの肝臓病|ペット保険の加入が大切

御骨

ペットの遺体を火葬

ペット火葬では、個別火葬と合同火葬とを選択できます。前者は収骨が可能という点が、後者は料金が比較的安いという点がメリットとなっています。いずれの場合も、棺に花を入れたり線香を焚いたりすることができます。火葬後には、遺骨が飼い主に渡されたり、収骨できない場合には遺灰が埋葬されたりします。

プードル

人気上昇中のミックス犬

マルプーは、マルチーズとトイプードルがミックスされた小型犬です。温厚な性格で毛も抜けにくいことから、室内で飼うのに適しています。飼う際は事前に健康状態をチェックすることと、飼い始めてすぐにトイレのしつけを行うことが大事です。

自覚症状のない病気です

動物病院

ペットも人間と同様に病気を患うことがあります。加齢によるものもありますし、生活習慣によるものもあります。その中でも肝臓病は、発覚しにくい病気だと言われています。人間もそうですが、肝臓というのは沈黙の臓器と言われていて、痛みや不調を自覚しにくい臓器になります。なので、肝臓病だと分かった時点で、病気はかなり進行しているものだと考えなくてはいけません。肝臓は体の毒素を排出する上で重要な臓器なので、肝臓が悪くなると体に毒素が溜まってしまい、最悪の場合死んでしまいます。肝臓病になる原因は様々ですが、肝臓を酷使するような生活を控えることが肝臓病の予防につながります。まず、ペットの肥満に気を付けます。エサやおやつを与えるとペットが喜ぶので、ついついあげ過ぎてしまいますが、カロリーに注意しなければなりません。また、犬は散歩に出かけるなど適度の運動も忘れてはいけません。肝臓病は早期発見をすることが大切です。定期的に血液検査などの健康診断をすることで、異変に気付くことができます。肝臓病の発見が早ければ投薬などで治すことができますが、ある程度進行していると手術が必要になります。手術となると、動物病院に寝泊りする費用も掛かるので、高額になります。数十万円かかることも珍しくないので、飼い主に大きな負担がかかります。今はペット保険もあるので、そうした保険に加入しておけば、急に大金を用意しなくてもいいので安心です。ただ、動物病院がきちんとペット保険会社と連携しているかどうか予め確認しておきます。肝臓病は一度患ってしまうと、生涯付き合わなくてはいけない病気になるので、なにより予防することが大切です。

プードル

飼育しやすい犬種です

トイプードルは人に懐きやすくて利口な性格なので、愛情を持って育てていれば基本的に飼い方に苦労することの少ない犬種です。ブリーダーは誕生直後からの扱いも適切なので、更に買いやすいことが一般的です。購入後に様々な相談をしやすいことも特徴です。