初期症状のほとんどないペットの肝臓病|ペット保険の加入が大切

ペットの遺体を火葬

御骨

プランや流れ

飼っていたペットが亡くなった場合、飼い主は遺体を、敷地内で焼却したり埋めたりすることが必要となります。しかし自身での焼却に抵抗があったり、埋めることのできる十分なスペースがないという飼い主も多くいます。そういった飼い主から、昨今ではペット火葬の需要が高まっています。ペット火葬とは、寺院や専門業者が提供している一種のサービスで、これを利用すればペットを、人間と同じように火葬で弔うことができます。ペット火葬では、個別火葬と合同火葬のどちらかを選択でき、前者の場合は遺骨を受け取ることも可能となっています。後者の場合は、他のペットの遺体と一緒に焼却することになるので、遺骨の回収は困難ですが、その分料金は安めとなっています。また火葬車を利用したペット火葬もあり、これを依頼した場合は、自宅に火葬車で来てもらうことができます。つまり、自宅で飼い主が立ち会った上での個別火葬が可能になるということです。いずれのペット火葬にも、棺が使われますし、棺の中には花やペットが着用していた服などを入れることが許可されています。もちろん棺や祭壇の前では線香が焚かれますし、プランによっては僧侶による読経もあります。ペット火葬にかかる時間は、ペットの大きさにもよりますが1〜2時間となっています。火葬後には、収骨が可能な場合には遺骨が飼い主に渡されますし、収骨ができない場合には、寺院や業者が遺灰を埋葬することになります。